焦りなどで視野が狭くなりすぎていませんか?


非常に多くの種類がありますので一つに固執して視野が狭くなりすぎて10年後や将来に後悔しないように比較し注意しましょう。 現在、同じ様なサービスを設定している大手の会社は少なくありません。 そのシステムは、短い会社でも1週間程度、長い会社になると最大2カ月という会社もあります。 消費者金融無利息期間とは、一定の利子がかからずに金銭を借り入れることができるサービスです。 例えば、年利15パーセントで10万円を借りた際、通常は月1875円の金利が発生します。 したがって、数字で10万円を1か月後に返済するケースには、実際には10万1875円を支払わなければなりません。
これに対して、同じ年利15パーセントで10万円を、1か月のプランを利用して借入れした状況、1か月後に返済する時は10万円を返済すればよいことになります。
このように、考え方によってはお客様にとって非常にメリットがあります。 どうしても少なからずあるのです。 しかし、どのような場合にもこういったサービスがあるというだけです。 それがメリットになるというわけではありません。 つまり視野を広げてこういったツールを利用するメリットがあるのは、借りたお金を指定に返すことができるパターンも当然のことながら過去にはあります。 期間内に返すことができなくても、短期間で返すことができるような時です。 これは例えば、お給料日の数日前に急にお金が必要になります。 お給料が入れば確実に返すことができるというような状態ですと、これは1週間という短いスケジュールを設定している企業を利用ことになります。

今だけでなく将来を見据えて視野を広げましょう


感覚


お金で困っている状況こそ視野を持ち柔軟に対応する


しかし、返済が長期間にわたる状況には、予めこういったサービスがあるといっても免除される金利の額は全体の額に比べると微々たる額であります。 それでも小さな額でも積もり積もれば知らないうちに恐ろしいことになりますので視野を保ち、しっかりと計画性を持って利用しなくてはいけません。 その微々たる額の利益を得ようとこのプランを設定している消費者金融をセレクトするよりもどうでしょうか。 ここでは利子の安い会社を判断する方が利益になるというケースもあります。
したがって、単純にこのスケジュールの設定があるというメリットだけで、その業者をチョイスすると、むしろ損をしてしまうということもありますので、注意する必要があります。
例えば、サービスが1か月、年利18パーセントのA社から、30万円を借りて元本を月々を1万円ずつ終わるまで返すパターンです。 また無利息期間がなく、年利15パーセントのB社から、30万円を借りて元本を月々1万円ずつ返すする時を比較してみます。 まず、30万円を1万円ずつ均等に返すので、完済するまでに30カ月です。 すなわち2年6か月かかります。 そうすると、A社の場合、年利が18パーセントなのです。 2年6か月分の金利は全部で13万5000円となります(実際には、毎月1万円ずつ元本が減るのです。 この額もこれに伴って下がりますが、ここでは説明の便宜上、30万円に対する2年6か月分の利息を計算しています。)。 そして、最初の1か月分は適用されますので、1か月分4500円の金利は控除され支払わなくてよいことになります。 間違えてはいけないのは、比較して得をするという事に固執し過ぎてしまうと、このように視野が狭くなり本来の目的をどこかで、これを見失ってしまうことになりかねます。

冷静な状況判断と視野が失敗しないためには大切です


今月だけではなく10年後も視野から外さないように


失敗しないためには10年後も視野に入れて行動をすることが必要になります。 したがって、A社に対して支払う利子は、全部で13万0500円ということになります。
これに対して、B社の場合、年利が15パーセントなので、2年6か月分の数字は全部で11万2500円となります。
そして、B社にはこのプランががないので、B社に対して支払うべき金利の総額は11万2500円ということになります。 このように、無利息期間の設定があるか否かのみでは、どの大手機関を賢くチョイスすることが、まずは自分にとって1番メリットがあるのかということは分かりません。 借入期間が長期化する可能性が高いのであれば、こういったサービスの設定があるか否かに関わらずです。 少しでも低い大手の企業をセレクトすべきです。 万が一すぐに返すことができるあてがあるのであれば、これが多少パーセンテージが高くても用意されている長い会社を選択すべきということになります。 お客様は、借入の目的と、返済の目途を視野に入れ考慮していかなくてはいけません。 これが適切な消費者金融をジャッジしなければなりません。 今だけではなく10年後や未来もしっかりと比較する事によって考えなくてはいけないのです。

家族や仕事の状況なども踏まえた視野でジャッジしましょう


勘違い

ポジティブ

選択肢


HOME


このページの先頭へ