あくまで選択肢の一つで他にあるならそちらを優先する


お金が足りない時にあるゆるジャンルのからの借りる手段があります。 セレクトできる選択肢として様々な種類の企業が存在するために、これまで申し込みしたことのない人にとってはどこを選択するべきか選ばなければなりません。
その比較する項目としては、当たり前に限度額があります。
これは、金融庁の貸金業法により消費者金融の業者は個人に対して、一般的に収入の3分の1以上を貸し付けることができないようになっているため、その範囲内での貸し付けとなります。 当然収入に応じて限度額が変わるというシステムですが、その限度額もサービスやプランで異なります。 500万円までというようにMAXの上限が決められていますので、上限が高いにこしたことはありません。 次に比較するのは、提携している銀行やコンビニのATMになるのです。 これが取り扱いをしているかどうかの利便性です。 これは、お金を借り入れる際も返済する場合にも関係しているのです。 ここで提携している企業が多いほどいつでもどこでも簡単に手続きが可能となります。 反対にここでは提携している会社が少ない状況には、何かあるたびに専用のATMに手続きをしに行かなければならなくなるのです。 地域によって、その場所まで遠ければ非常に不便になります。 その他のここにある選択肢としては、特典を無利息期間を比較することができます。

実際には日本では選択肢は思っている以上に少ない


感覚


利用しないという選択肢を持つことも重要なこと


大手でも各会社で特典は違いますが、その中でも多くの機関が選択肢として現在の所、採用しているのが、消費者金融無利息期間があるということです。 それは、つまり最初の1カ月は限度額までの借り入れについては、金利が一切付かないといったようなことです。 これを上手に使用することにより、例えば契約内容の上限が50万円であった場合です。 冬のボーナス前で貯蓄がない時に、ここではボーナスを返済するあてにします。 1カ月に30万円をセレクトして、大きな買い物をしても1カ月以内にきっちり30万円返済することによって、利息は一切かかりません。 特に車やノートパソコン、液晶テレビなど大きな買い物をする時にローンを組む必要がなくなり、本当にお得な買い物ができます。
よってその契約中は、これは借りた額のみを返済するだけで足りるということになります。
しかし、コストがかかっていないため、まったく損はしていません。 特にボーナスの時期やセールのシーズンの商品は、今買わなければマイナスで損をするという時には要点、つまりピンポイントでお金が手に入り非常に役に立ちます。 また、最初の5カ月は10万円までならどこの業者のどのプランだというような、金額の上限を決めてその範囲内であれば、選択肢である一定期間は金利がかからないというような特典もあります。

万が一の時のためにこの選択肢は取っておく


今では一般社会に浸透している必要不可欠な選択肢


これらは、非常に消費者のことを考えたお得な特典であり、当然のことながら借り入れる金額によっても選択肢や数字違います。 基本的に年利20パーセント未満であるため、5カ月後から契約的に追加される場合は、これの分の金額が大幅に変わってきます。 例えば、平成26年の1月に有名な大手の会社で個人の契約をした時に、すぐに100万円の借り入れをした際は、通常は平成27年の1月には金利分が20万円追加され120万円返済しなければなりません。 しかし、消費者金融無利息期間が半年あったとすると、同様のケースで付加される分は10万円となり110万円の返済で済みます。
よって、後者の時は前者と比べて10万円も得をするということになります。
このようにこういったシステムを選択することで、非常にお得な使い方ができる身近な融資です。 これには企業が少しでも消費者にチョイスしやすいようにとの企業努力によって実現するようなサービスです。 普通の善良なユーザーとしては上記をセレクトしない手はありません。 なぜこのようなサービスがあるかというと、CMなどで名が知れている裕福な会社には、様々な企業がありますが、結局はその中から顧客獲得のために、他社よりもいい特典を付けるというのが目的です。 今では、法律によって貸し付けの限度額の規制が厳しくなったという背景があります。 ここでは選択肢がなくなり非常にこの業界も厳しいのです。

このシステム以外の選択肢がほとんど皆無という現状もある


勘違い

ポジティブ

視野


HOME


このページの先頭へ